2012年06月04日

ゲストブック

水無月に入り、やがて梅雨入りですね。
梅雨なのに水無月って。。。と思い検索してみると、
ここで使われている「無」は「なし」の意味ではなく「の」にあたる連帯助詞の「な」で、
「水の月」という意味だそうです。
旧暦の6月は田に水を引く月なので「水無月」と言われるようになったそうです。

そして梅雨といえば、くせ毛の人間には辛い季節です。
いくらセットしても、髪の毛がすぐに湿気を吸収しクルクルチリチリになってしまいます。
何を隠そう、ワタクシmonpeも縮毛と言っていいくらいのくせっ毛でして、
おまけにめちゃくちゃ硬くて多い、髪の三重苦を背負っております。
まぁ、年齢的に量は少なくなってきましたが、それはそれでちょっと。。ねぇ。。

そこで先日、梅雨入りする前に髪を切りたくて、出掛けたついでに通りかかった美容院に飛び込みました。
今の住宅に越して来てからなかなか気に入った美容院に巡り合えず、どこでもよかったのです。
しかし、店に入って最初に目に飛び込んできたのはちょっとお腹の出たサイババの様な中年男性。

02.jpg

こういうのを「紺屋の白袴?」「医者の不養生?」と思わず内心で反芻してしまいました。
しかも他に店員さんもお客さんも居なくて、彼ひとり。
(しまった!)と内心思いながらも、
「今だいじょうぶですか?」と裏腹な言葉が出てしまいました。
「今ならいいですよ」と意外な答えに
(こんなに暇そうなのに、いつならダメなのよ。。)と内心呟きながらも
「どうぞこちらに。。」と言われるままにイスに腰かけると
「いつ頃から美容院に行ってないですか?」と痛いところを突かれ
「越して来てから、なかなか気に入った美容院が見つからなくて。。」というと
「最後に切った美容師さんは何をしたかったんでしょうね」と髪をいじりながら不思議そうなサイババ
「さぁ。。」と私も随分前の事で覚えていません。
「バッサリいっちゃっていいですか?」と言われて
「バッサリいっちゃってください」と私
そこからはほとんど髪の事には触れずサイババとの世間話に花が咲きました。
そして30分ちょっとでサイババが
「こんな感じで良かった?」と後頭部に大き目の鏡をかざして見せてくれて、
鏡を覗くと、予想外の出来上がりに思わず
(人は外見で判断しちゃぁいけない。。)と内心思いつつ
「わぁ、すっきりした!ありがとうございます」とお礼を言いました。

そんなわけで梅雨に向けてさっぱりした 店長monpeです。
こんばんは。

今日はゲストブックの変更のお知らせです。
先日もマリメッコのゲストブックとしてご紹介させていただきましたが、
今後、このタイプに統一することになりました。
いままでのゲストブックはゲストカードを直接バインダーに綴じるタイプでしたが、
ポケット式のホルダーにカードを入れるタイプになり、後々写真ホルダーとしても使えるので便利です。
最初から写真ホルダーとしてのご注文もいただいております。
表紙のデザインもシンプルに一新しました。

plusactstylein.jpg

plusactstylese.jpg

plusactstyle.jpg  guestcards.jpg

posted by monpestic at 20:44| Comment(0) | 商品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: